カジノはどのレベルまで調査されているのか?

史上初となった、カジノマーケティングに対する全米調査結果は、Ravingなどのプラットフォームに掲載されました。この研究の主な目的は、カジノの広告主に対してより使いやすいメソッドを提供することだそうで、他のカジノがモバイル広告、再投資比率、ディスカウント、あるいはその他の豊富なデータをどう活用しているかを知ることは、カジノ事業を運営する者にとって大変役に立つのです。

カジノマーケティング市場分析に関する調査項目の一つは、(米国内で賭博が合法である)53州のカジノが調査を参加しているかどうかでした。これは、カジノビジネスが成功するための市場情報が得られるため、重要な項目といえるでしょう。というのも、ビジネスにおいて他のカジノよりも多くの情報を持つことは、より良い意思決定ができるということを意味するからです。

リサーチデータベース – 91%のカジノが実施

このリサーチは、プレイヤーから集めたデータを使って予測分析を行うためのもので、消費者と消費者行動についてよりよく理解できるようになります。調査結果によると、ほぼすべてのカジノが、ゲームデータやその他の市場取引(レストラン、エンターテイメントなど)を分析しているようです。通常、この分析は、民間のデータベースコンサルタントが継続的に行うものです。

メリット:データベースを精査することで、様々なキャンペーンプログラムが実現可能になります。メールサービスやクーポン配布などの基盤となります。

サービス品質調査 – 79%のカジノが実施

ビジネスにおいて最も重要なVOC(お客様の声)を知るためには、ぴったりの調査です。お客様がカジノ施設のあらゆる側面を評価するもので、これはカジノの”通知表”ともいえるでしょう。お客様によるパフォーマンス評価は、課題の認識・数値化に役立ちますし、クライアントの重要性と努力の方向性も示してくれます。大半のカジノでは、インターネットや社内アプリを使ったエンゲージメントテストを行っているようです。

メリット:サービス品質調査をすることで、離客率を低下させ、消費生活の重要性を向上させ、ネガティブな口コミを最小限に抑えることができます。

同業他社比較 – 61%のカジノが実施

自社と比較して、ライバル他社が何をしているのか、どのようにしているのか、またどれだけ儲かっているのかを知ることも重要です。自社の強みと限界を理解し、市場の流れを追うことです。具体的には、ダイレクトメールの登録をしたり、広告をカットしたり、ソーシャルメディアやプロモーションを見直したりしています。これらは第三の調査人によって、的確かつ批判的な評価に基づいて修正されることもあります。

メリット:自社製品およびサービスを最適化し、カギとなる分野での脆弱性を補強することで、より強力なビジネス戦略を構築し、備えることができます。

フィードバック調査 – 48%のカジノが実施

レビュー調査は様々な分野で行われていますが、一貫しているのは、ブランド、システム、裏方、デバイスの消費者からのレビューを収集していることです。カジノの場合は、プロモーション後のテスト、ホテル滞在中のフォローアップ、プレイヤーズクラブの評価、または顧客が測定する何かが含まれます。この調査を実施しているカジノは比較的少ないですが、ネット投票ツールを使用して、社内のアンケート調査として行っているカジノもあります。

メリット: お客様がキャンペーンを評価する方法を変え、改善することで、生産性と収益性を最大化することができます。

広告およびレスポンスの調査 – 45%のカジノが実施

競合他社を把握し、製品・サービスをじっくりと検討することで、人気や性能、限界、製品・サービスの欠点などを評価してもらうことができます。言い換えれば、お客様にとっては製品・サービスの良さを知ることが不可欠なのです。また、ブランドの理解度に関する情報も得られ、製品・サービスに対する消費者の意識や期待を測ることができます。この調査は、通常2〜3年に一度、専門の会社によって行われます。短時間でオーダーメイドの調査を行うことで、サンプル間の情報格差を埋めることができるからです。

メリット:自社ブランドが競合よりも優れた性能を持っているかどうか、という顧客の印象を探り、マーケティング効率を高めるための調査です。

従業員エンゲージメント調査 – 41%のカジノが実施

従業員満足度を超えた関係性を定量化するため、1990年代に「熱心な従業員(engaged employee)」がこの手の調査で一般的になりました。「熱心な従業員」というのは、職場になじみ、自ら意欲的に動き、会社の威信や利益のために手段を講じる社員のことです。通常、外部の世論調査会社が、毎年または隔年でインタラクション調査を実施しています。

メリット:従業員エンゲージメントの向上を意識することで、従業員がより愛着を持って生産性の高い仕事ができるようになり、サービスが向上し、さらには離職率も低下します。その結果、購入者の満足度が高まり、より多く、より頻繁に消費してくれるようになり、売上と収益を向上させるのに効果的です。